こんな人と働きたい

■坂田 武志(1999年4月入社)■

相手の話を聞けて、自分の話ができる方と働きたいと思います。 仕事の基本と言うより、人としての基本だと思いますが、 相手の話を聞かない、自分の価値感を押し付ける、 相手を理解しようとしてない方とは、一緒に仕事をしてても 楽しくないし、そのような方はいい仕事が出来ないと思います。 もちろんこれは、いわゆる相手に合わせるだけの人間ではなく、 自分という軸をちゃんと持っている人間です。 自分もそういう人間でありたいと思います。


■後藤 謙■

よく聴く言葉かもしれませんが「石の上にも三年」。 皆さんはこれから自分が腰を据える石を見つけるわけです。 社会人になったばかりの時には居心地の良い石は無いでしょう。 どちらかというと悪戦苦闘しつづける場所でしかないかもしれません。 投げ出さない自信を持っている人、タトウの上で踏ん張ってみませんか?


■木村 洋孝(ビジネスソリューショングループ マネージャー)■

私は、どんな仕事においても、人に仕事を任す時に一番重要なのは、責任感だと思います。 知識や技術などの能力が優れていても、最後までやり遂げる意識が欠ける人には、重要な 仕事は任せられないし、多少能力が劣っていても、最後までやり遂げる意識の強い人には、 サポートをしてでも任せてみたくなります。また、地味ではあるが、こつこつと継続して努力できる人、自分のためでよいから、貪欲に努力できる人がいいですね。


■長尾 武智(事業推進グループ マネージャー)■

やっぱり明るく元気な若者が良いですね!つらい事や壁にぶつかったときでも 下を向かずに前を向いて元気に乗り越えていこうと思う人ですね。 プロジェクトは楽しい時ばかりではないので、うまくいかないときに元気がなくなるとプロジェクトも成功しません。そんな時にも前向きに物事を考えられる、 元気な人に仲間になってもらいたいですね。


■高柳 登志雄■

会社に入ってから、色々な人と働きましたが、やはり一緒に働きたい方の第一は、一生懸命に仕事をする人ですね。 仕事をしていると、難しい局面に立たされたり、初めての状況にあったりといった状況が多々あります。 そんなときでも、一生懸命に仕事をする人と働きたいです。 そんな人には、私や先輩社員など周りの人が手助けをしてくれると思います。 あとは、明るく元気な人ですね。一緒に仕事をしていて、元気な人には、 私もパワーをもらって頑張れる気がします。